CI DESIGN

MEKIKI CI DESIGN CONCEPT

メキキの会のCIデザイン-シンボルマーク コンセプト

 

メキキの会のCIデザイン-シンボルマークは象形文字から誕生した

漢字の、その点、一点をシンボライズしたものである。

 

この世界が誕生する以前の、何もない白紙の世界に、

この一点がビジュアライズされたことで、この世界の創造が始まり、

この一点は創造の原点となったのである。

 

ゆえに、メキキの会のシンボルマークは創造のスイッチでもある。

 

この赤いグラデーションのシンボルマークを見るだけで、

人々の創造のスイッチが入り、見たものは創造力を発揮しはじめるのだ。

 

それが、真のCIデザイン、シンボルマークの持つ力である。

 

メキキの会は、本質を見極め、人類にスイッチを入れ、創造する

という、唯一人間にしか与えられていない創造力を発揮させるという

志をミッションとしている、その象徴がこのシンボルマーク、

創造の原点、創造のスイッチなのだ。

 

そして、志教育のブルーのグラデーションのシンボルマークと

対となり、完璧な陰陽の世界を現し、太陽と月との関係のように、

永遠の人類のシンボルとして光を放ち続けていくのである。

 

 

Prof. 稲吉紘実

HIROMI INAYOSHI, MASTER ARTIST

Prof.稲吉紘実プロフィール

 

 

マーク・ロゴデザインの第一人者であり、

CI教科書「NEW DECOMAS」[三省堂]にて、世界を代表する

CIデザイナーの一人に選出される。企業・団体の

CIデザインを数多く行い、1990年代後半よりパーソナルマーク

という、グラフィックデザインと芸術の新たな分野を

確立する。ニューヨークADCアドバタイジングポスター部門で

日本人として初めて2つのゴールドメダルを同時に

受賞した他、内外で数多くのデザイン賞を受賞している。また、

ソーシャルデザイン、の先駆者として、国連で

「フィランソロピーシンボリック-稲吉紘実 展」が開催される等、

デザインと芸術、そして社会貢献・平和活動に

おける真のイノベーターとして、グローバルに活動している。

 

ポーランド国立ストゥシェミンスキー美術大学

教授

Love Earth Love Children World Art and Music Aid

総合プロデューサー・ディレクター

 

 

Prof. Hiromi Inayoshi Official

www.hiromi-inayoshi.jp

 

Wikipedia:稲吉紘実

https://ja.wikipedia.org/wiki/稲吉紘実